敏感肌のためのオールインワンゲル選び

敏感肌にこそ手で触れる回数が少なくなるオールインワンゲルが良いと言われていますが、刺激に過敏に反応してしまう状態ですので商品選びは慎重にしなければなりません。

ワンステップで全てを済ませようとすると数多くの成分が必要になりますが、配合されている成分が多過ぎるとチェックをしにくくなりますのでお勧めできませんし、保湿作用があまり得られないタイプも向きません。正しく選べば一般的な肌に近づけることも可能ですので、いくつかのポイントを押さえて取り入れることが大切です。

基本的なことですが、オールインワンゲルも敏感肌用ラインナップから選ぶのが安全です。専用のものは肌に優しい成分を多く配合していて、バリア機能の回復を促すことができます。成分でよく見かけるのはセラミドや甘草、シャクヤクなどであり、和漢植物は低刺激なので安心して利用できます。セラミドは肌の保湿成分で親和性がありますので、バリア機能をサポートして健やかな肌へと導いてくれます。

避けた方が良い成分もあり、化学的に合成された成分やパラベン、殺菌作用に優れたエタノールは敏感肌に強い刺激を与えます。美白目的でオールインワンゲルを取り入れる場合でもピーリング作用を持つものはリスクが高いので注意が必要です。ピーリング成分でよく配合されているのはレチノールであり、シミの予防や改善に効果を発揮するハイドロキノンも敏感肌にとって厳しい成分ですので避けた方が無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です